低身長の原因

低身長の原因のページを説明




新着記事一覧

低身長の原因

低身長とは、その名の通り身長の低い状態という事ですが、医学的にいう低身長というのは身長の標準偏差が−2SD以下の場合です。

子供は毎日成長しますので、現在の年齢(何歳何カ月まで)に応じた標準値と比べて子供の身長の評価を行う必要があるのです。

低身長の原因で、ホルモン分泌の異常で起こるものは、成長ホルモン分泌不全性低身長といいます。

低身長の原因は、実に多くの原因があります。

ホルモンの異常による低身長の治療は出来ますが、全体からいうとたった10%前後であるにすぎません。

低身長は、甲状腺機能低下症が代表的ですが、副腎皮質ホルモンの過剰などでも低身長になる場合があります。

その他の原因としては、ターナー症候群やダウン症候群、プラダーウィリー症候群、軟骨異栄養症、心臓病や腎不全、そして栄養失調や愛情遮断性症候群などがあります。

今多いのは体質的なもので、低身長の6〜7割を占めており、家族的な低身長や低出生体重児の低身長、または思春期の遅れによる一時的な低身長などがあります。

一部では、成長ホルモンによる治療が行われるようになりました。


身長 伸ばす方法の低身長の原因のリンクについて

身長 伸ばす方法の低身長の原因のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。